研究室紹介

 依田研究室は、宇都宮大学 大学院工学研究科学際先端システム学専攻、工学部電気電子工学科に属し、光ファイバ通信や高集積シリコンフォトニクスにおいて将来必要となる新しい光エレクトロニクスデバイス(光部品、光学素子)の研究を行っています。 
 対象とする光は、主に近赤外〜赤外(波長1〜10μm)の目には見えない光です。光と物質との様々な相互作用やサブミクロン作製技術を利用して、光デバイスの機能や性能を高めていくことで、光を効率よく制御して光ファイバ通信などで利用します。
 現在は、光学多層膜を用いた波長可変フィルタの開発、シリコンベースのスポットサイズ変換器の開発、高屈折率層被覆レンズド光ファイバに関する研究 に力を入れています。
 
本研究室は、本学科 白石研究室 と相互協力しながら研究及び教育を行っています。 


What's NEW!!

  1. 大学院生の石村君が、電子情報通信学会@新潟大にて発表。そのときの様子はこちら。
  2. 大学院生の小山君が、応用物理学関係連合大会@富山大にて発表。
  3. 工学部のオープンキャンパスに参加しました。そのときの様子はこちら。
  4. 研究室対向ソフトボール大会に参加しました。そのときの様子はこちら。
  5. 依田研究室に新4年生が4名配属され、歓迎会を行いました。
  6. 大学院生2名が、応用物理学関係連合大会@筑波大にて発表。そのときの様子はこちら。
  7. 大学院生3名が、電子情報通信学会総合大会@愛媛大にて発表。